ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

最近状報告

 

はい、どうも。

 

いつの間にやら5月が終わり、五月病が治ることなく6月へと突入。

まだ夏を迎えてないのにアホみたいに暑い気温に中指を立てつつ、今年ももう半年が過ぎようとしてる事実に泣きそうになってる。

埼玉の田んぼは北の地区を除き田植えが始まっており、「今年こそ田んぼを燃やしたいと思わない年であってくれ」と繁忙期への願いをここに記しておく。

 

ここ最近の話を。

まず初めに、パソコンを新調した。

大学時代からのお供であったノートパソコンから、念願のディスクトップパソコンへと買い替えた。

コロナやら戦争やらの影響で半導体がなかなか輸入されないため、正直今買うべき物ではないが欲しくなってしまったのだからしかたがない。遅かれ早かれ買おうとは思ってたし、コロナや戦争が終息したからといって価格が下がる(元に戻る)とは限らない故の購入。

この記事を書いてるのも新調したパソコンからで1週間使った感想としては非常に良い。

ただ1点、使いずらいなと思ってるのがキーボードの入力。

今まで使っていたノーパソはキーの部分が突起していなかったので入力が簡単だったが、今回のデスクトップはキーが突起しているため指がキーに引っ掛かったりする。またキーボードが変わった影響で単純に入力ミスをする。

今のところの不満点は以上なので使い続けて慣れていきたい。ちなみにキーを入力する際の入力音はスコスコなので個人的にすこ。

ようこそ快適パソコンライフ、さよなら起動して稀に黒い画面を30分映し続ける生きた化石ことノートパソコン。君と過ごした大学生活は忘れないと思う。

 

次に飲んだ話。

先週、久しぶりに記憶をなくした。

久しぶりの出張かつ初めての甲府市ということもありたくさん酒を飲んだ。その様子を傍から見ていた先輩曰く「煽ってもないのに勝手に飲んで自滅した」とのことで、翌日に案の定吐いた。汚い話だが人生で初めてあんなに吐いた。普段なら2回吐けば大体治まるのだがその日は4回吐いてようやく治まった。

挨拶をしても声が出ず、周りに気づかれるまでその場でぼっ立ちしていた僕は社会人失格だと色々な要素から思った。

決まって飲みすぎた次の日は「もう二度と飲まない」と二日酔いの頭で守れない誓いを心に決める。今回も例に漏れず吐瀉物を吐き出した便器の前で誓ったのであった。

 

数日後、そんな誓いをものの数日でへし折った僕は渋谷へ。

地元の先輩の結婚祝い会で、今回こそは飲んでも飲みすぎないと心に誓い気休めのヘパリーゼを服用した。

実際、前に集まったときは大宮で記憶と携帯と尊厳をなくし泣きながら帰宅した苦い思い出があり、今回はそのリベンジを兼ねてもいたので粗相だけは絶対にできなかった。

そんな僕の前に中国4000年の歴史が立ちふさがる。

何軒目かで立ち寄った中華料理屋で出てきたアルコール53%のバケモンこと茅台酒(マオタイ酒)。先輩方が飲み切るのを尻目に手を付けるもまったく飲めない。

茅台酒は安物のアルコール消毒液と同じ度数はあるんじゃないかと思う僕の肝臓と喉を容易に破壊。そんな悶える僕の目の前で今回の主役が茅台酒と名前を忘れた酒(度数は50%以上はある)をフュージョンさせ、ゴジータもびっくりな酒を爆誕させていた。

そんな魔物を容易に飲み切った先輩方を見て、この先も永遠に敵わないと再認識させられた集まりだった。

遅くなりましたが、結婚おめでとうございます。

上司の犬を預かった話で腹がよじれるほど笑った。

 

今回はここまで。

最近、絵を描くことにハマりまして外に公開すると上達すると聞いたことがあるのでここに晒しておく。

愚痴的なものだけども、人間関係がうまくいかないことなんて今まで人生で腐るほど経験してきたので今回もそうだなと思ってる。いい方向にただただ転んでほしい。

 

MADKID/FAITH