ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

七夕の日に「天の川が見たい」と短冊に書く

はい、どうも。 いつもどおりの更新サボり癖、気が付けば7月ときた。 毎年のことだけどもこの時期は雨が多い気がする。梅雨?といっていいのか怪しい。 去年の7月は1日を除いて毎日雨が降っていたの覚えてる。今年はほどほどにしてほしいなぁと。 仕事の話を…

戯言を雑記にしただけの読む価値もない記事

はい、どうも。 ある日の明け方、救急車のサイレンで目が覚めた。 目が覚めたというよりも動きだす決意を固めたと言った方がいい、スマホをいじり倒した夜更かしと昼寝のせいでまったく寝れなかった。 昼寝もそうだが布団に入ってからのスマホいじりが悪だっ…

推しから学ぶ理想

はい、どうも。 今週の文です。 今月も何とか滑り込みで月1更新といったところか。 書く話題はないけど書く気はある、多少だけね。 そんな気持ちを大切にしていきたい。 うちの会社は3月が決算。 営業マンである身として事ある度に「数字、数字」と図々しく…

東京の街

はい、どうも。 今週の文です。いや、今月の文です。 2月の4連休2回目、今月は思った以上に数字が伸びない。そんな中での有給消化、義務だから仕方ないね。 業界の衰退やらコロナやらで本当に心苦しい中での営業だから仕方ない反面、今まではどうにかこうに…

新年からの雑記

はい、どうも。 今年もよろしくお願いします。 2021年が開始。 年末はコロナやら喪中やらの関係で久しぶり家で過ごした。 ここ数年の年越しはどこかしらの山道で過ごしており、いつの間にか新年とご対面していた場合が多い。 今年こそはジャニーズの年越しラ…

僕の発明王

僕の家系はどうやらモノづくりが得意らしい。 親父は趣味のプラモデルなどのフィギュアを自分なりに改造したりしてる。 祖父はよく使うナタなどの農機具やら物置小屋を自作し、自分が幼い時にはメジロを捕獲する鳥かごを竹ひごやらを使って製作していた。 僕…

かける

はい、どうも。 唐突に、ここ数年の悩みを1つ上げるなら目が悪くなったことだろうか。 そうなった原因はわかっていて、ゲームとスマホとPCによる眼球へのダメージ、これ以外に考えられない。今この瞬間も豆電球1つで部屋を灯し、目を悪くしながらせっせとこ…

起きて観る夢、寝て見る夢

はい、どうも。 いつの間にか3カ月が経ちました。 当然ながらサボっていました。 気が付けばエアコンも要らなくなった、そんな時期。 8月の太陽は7月の遅れを取り戻そうとして、これでもかと言うぐらいに輝いていた。お盆休み前に茨木で仕事をしていた時が一…

岸部露伴に学ぶ運

はい、どうも。 今週の文です。 お久しぶりです。 週1どころか月1更新もままならない者です。 長いこと放置してた言い訳をすると「めんどかった」それだけです。「週1で更新するぞ!」と息巻てたのが恥ずかしい。 そんな状況下でも頑張って書いていきますよ…

i m h

1年前と比べると大分強くなった気がする。 1年前は新環境への不安やらで大分精神的にきていた。 だから夜な夜な1人で泣いこともあった。わからなくて、怖くて。 本当に怖かった。先が見えない不安、過去の自分の選択が正解かどうかの不安。自分はいったい何…

眠れない夜に

昼夜逆転で眠れない夜。 そーいや先週の書いてねえや、と思ったので今さらながらの更新というわけ。 オールナイトは夜勤コンビニバイト以来。この明け方のふわふわとした感じと首周りの痛みが懐かしく思えてくる。 最近コロナ休暇をいただいた。 いただいた…

C-19

はい、どうも。 今週の文です。 新年度に入り台風やらコロナやらで何かと忙しい。 仕事先のお客様が「本当にロクな年度じゃねぇ」と言ってたのも頷けるし全くその通りだと思う。 外回りをしてると、一時営業中止のご飯屋さんや営業時間を短縮しているお店を…

暖冬の3月

はい、どうも。 今週の文です。 2月の末に家族で旅行をしました。 十数年ぶり、あまり乗り気ではなかったのだけど美味しい物をたらふく食べたので大満足。改めて温泉の良さを感じることができた旅行でした。 夜はカニの食べ放題で、よく聞く『カニを食べると…

後回しの弊害

はい、どうも。 今週の文です。 僕には何事も後回しにしてしまうという悪い癖がある。 未来の自分に全てを任せて今の自分を楽にさせる処世術、皆さんも何度かやったことがあるんじゃないかと。 悪いことじゃないけど悪っちゃ悪なその癖は覚せい剤と同様の依…

過程が目標になってしまう話

『過程が目標になっている』なとぼちぼち思うことがあった。 こんな経験はないだろうか。 例えば試験勉強。勉強して試験に合格することが最終的な目標なのに、部屋や机周りを片付けることや勉強道具を揃えることが目標となり満足してしまう状況。 例えば読書…

きた年

あけましておめでとうございます。 2020年最初の記事です。 2020年はどんな年にしたいですか?なんて質問があったら『どんなことがあろうと自分にとってプラスになるような年』と答えるんじゃないかな。いい年にしたいなと思ってます。 一応後厄の年になるけ…

ゆく年

はい、どうも。 今年最後の文です。ざっくりと振り返ってみようかなと。 早いもので2019年も残り数時間、今年も色々なことがあったなと思います。 自分としては仕事をし出したという点から生活環境が大きく変わった。5日働き2日休む、昔ながらの仕来りに沿っ…

世迷言

はい、どうも。 今週の文です。 最後に更新したのが1か月前、その時は「来週も必ず更新するぞ!」と謎に息巻いてました。何を書こうかなと思案していた結果、今に至ります。 はい、これが今回の言い訳です。 気が付けば季節は12月、そう、あと数日でクリスマ…

近状報告なんてもの

はい、どうも。 皆様お久しぶりです。 あ、定期更新するって言ってるけど全然更新しない人だ! と思う人が多々いるかと思いますがこれには理由があります、弁明をさせてください。 書く気はありました、本当に。ただ机に向かうまでのやる気がなかったのです…

木曽路に殺された

はい、どうも。 お久しぶりです。 世間をにぎわせている台風、皆さんはどんな対策をしています(しました)か? 僕は食べ物と水の貯蓄だけであとは何もしていません。会社では窓にテープを貼って補強していましたが、あれって意味あるんですかね?あれで強度が…

Looks like summer is over.

はい、どうも。 今週の文です。 気が付けば3週間も放置していました。 心の中では常に「更新しなきゃ」と思っていましたが、めんどくさくなりサボっていました。どれもこれも繁忙期が悪い。 気が付くと9月。 令和初めての夏、皆さんはどのように過ごしました…

お盆にできたことはなんだい

はい、どうも。 今週の文です。 8月の後半戦開始のホイッスルが鳴りました。今月も早いですね。 明日まで盆休み、本日はどうやら出勤日だったらしいけど仕事が入っていなかったので強引に休みました。上司から「休めるのなら休め」という大義名分をいただい…

仕事のことを

はい、どうも。 今週の文です。 だいぶ長いこと放置していました。 何回か冒頭の部分を書いたのですが上手いこと進まず、後に後にと送った結果がこれです。あとは生活が色々と忙しかったってのもなかなか書けなかった理由になります。 こいつだしどうでもい…

縁側に座ってアイス食いながら入道雲を眺めていたい気分

はい、どうも。 今週の文です。 夏。 梅雨がようやく開けて本格的に太陽が攻めてきた。外で仕事をしている人間からすると、夏場の太陽は本当にふざけんなと思う。なぜ水分とやる気を奪い、汗と熱中症をくれるのだろうか。いらないぞ。 そんなこんなでみんな…

あとはどうにかなるさと肩を組んだ

はい、どうも。 今週の文です。 先週の7日は七夕だった。何かしらを書こうと思ってたけどすっかり忘れてた。 七夕と言えば織姫と彦星、または天の川なんてのを連想する人が多いんじゃないかと思う。僕も例に漏れずそれで、天の川を観に行きたいなと思ってた…

日曜定点雑記 第18夜

はい、どうも。 今週の文です。 最近あった面白い話。 同期の1人が7月で仕事を辞めることになった。元から「辞めたい」と言っていたやつだから特に問題はない。 そんなやつ(Mとする)と僕は入社から6月の中旬ぐらいまでは仲が良かった。今はというととてつも…

弱い人

唐突なんですが、人って弱いと思うんですよ。 ここで言う弱いってのは精神的に弱いことを指していて、色々な自分で武装して弱い自分を隠すことで強い人が出来上がっていくと思うんですよね。 後輩にいいとこ見せたい自分、泣かないように堪える自分、気を張…

6月の不幸

ここ最近の運がない。 6月に入ってからの僕の運は富士急ハイランドの高飛車もびっくりなほどの右肩下がりで、不幸の化身だと言われてもおかしくない。 とある魔術の禁書目録の主人公、上条当麻はイマジンブレイカーという能力を持っている。その能力は異能の…

日曜定点雑記 第15夜

はい、どうも。 今週の文です。 今週はあれです、おやすみします。 は?と思う方がいるかもしれませんが、こちらにも色々とあるんですよ……。 ブログの内容(テーマ)は決まっていて、次回のブログではそれについて書こうと思ってます。 どのような内容かあえて…

日曜定点雑記 第14夜

はい、どうも。 今週の文です。 先週、先々週の記事はまだ? なんてことを知り合いから言われた。しっかりと更新をしたはずなのになぜだろう。 そう言えば書き終えた後に正直者にしか見えない魔法をかけた。見れない人はきっと正直者ではないのだろう、過去…