ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

呟きごと

 

11月。

 

誰かが冬の扉を開けたようだ、ここ最近の冷気がすごい。

マフラーが必須なこの頃、母から譲り受けたマフラーは暖かく色合いも素晴らしい。

冬の朝がどうにも好きになれない。

 

短く切った髪がようやく馴染んできた。

あとは丸顔をなんとかしよう。

1年前はパーマだったのが嘘みたい。

 

泣いている人を見ると悲しくなる。

その悲傷を肩代わりできないものかと思ってしまう、感泣以外の涙は見たくない。

 

少し前までいい関係だったのが崩壊。

人間関係の恐ろしさ、いかに希薄な関係だったことがわかる。所詮うわべ。

 

あーーー。寒い。