ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

世迷言

 

はい、どうも。

今週の文です。

 

最後に更新したのが1か月前、その時は「来週も必ず更新するぞ!」と謎に息巻いてました。何を書こうかなと思案していた結果、今に至ります。

はい、これが今回の言い訳です。

 

気が付けば季節は12月、そう、あと数日でクリスマス。

今年も予定はぽっかり、独り身はぽっくり、サンタさんはぽっちゃりてな感じ。

年々クリスマスに対する思い的なのが薄れていっている気がする。それは大人になっているからかそれとも心が社会に汚染されていっているからか、僕にはわかりかねる。

先日のこと、雑談がてら先輩に「今年のクリスマスは平日なんですね」と言ったところ「そうだ、仕事だ。他に何かがあるか?」と死んだような目で返答された。その目を見て僕はこんな夢も希望もない目をした大人にはなりたくないなと心から思った。同時に社会に汚染されているいい例を見ることができた。

子供の頃はプレゼントをもらう側、大人になったらプレゼントを贈る側。もっと言えば夢をもらう側と夢を作る側。大人になった僕の手にはいつの間にか夢を作るというバトンが握られているんだなとしみじみ感じている。いつの間にバトンタッチをしたのやら。でも、夜な夜な枕元にプレゼントを置き翌日プレゼントに喜ぶ子供のことを考えるとそのバトンタッチも悪くない。

もし将来子供ができたら、クリスマスという仕組みを知らず純粋無垢なままで大人になってほしいなと。

 

年末年始の予定は親戚の子とめいいっぱい遊ぶこと。他は特に予定なし。寝正月を謳歌するつもりよ。ふははは。

 

今したいことは慰安旅行とタトゥーを入れることと髪を伸ばすこと。

クローズZEROの小栗旬みたいな髪型にしてみたい。本当にバカなこと考えてると思うけど後悔はない。

 

今回もいい加減に書きました。本当はもっとかっこいい文を書きたかったけど文力及ばず、残念。全体的に世迷言になってしまった気がするけどこれだけは言いたいことが1つ。

どうか僕の大切な人たちが、静夜で聖夜な日に星夜の下で幸せに過ごせることを願っています。

 

BABYMETAL/DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto)