ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

レジュメが苦手な理由がわかった

 

PCより。

 

僕はいつも題名に迷う。

題名とはあること(今回でいうブログの記事)を総合的に表したもの。例えるなら年度末に発表するその年を表した漢字のようなものだ。

題名は要約の役割を果たしている。そのため誰が見ても「あ、こんなことが書いてあるんだな」と内容が同じでなくてはならない。考えてみてほしい、題名が『東京ディズニーランドに行った!』という題名の記事があって、それを読んでみると実際はユニバーサルスタジオジャパンに行ったという内容だった場合を。

意味が分からないだろ?

なんでミッキーウットペッカーになっているんだと思う、同時にお前は何を間違えたんだとも思うだろう。つまり題名1つでだいぶ印象が変わる。例の場合はだいぶ誇張しているが、もし例のように題名と記事が矛盾している記事があったら、皆絶対に太文字と同じような気持ちになることだろう。

意味が分からない。と。

 

だから僕は題名に悩む、題名は命だから。

 

f:id:ogaryohey:20151207004613j:plain

逆に考えるんだ、題名と内容があっていないということはそれだけ内容がまとまっていないと……。

 

富永TOMMY弘明/ジョジョ 〜その血の運命〜

Coda/BLOODY STREAM

橋本仁/STAND PROUD

JO☆STARS〜TOMMY,Coda,JIN〜(富永TOMMY弘明、Coda、橋本仁)/ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜

 

 

人生における点の1つ

Hello. My mind.

ちょっとした希望というか願いというか自分を乗せたものが消えた。意図も簡単に綺麗さっぱりとさくばくと。まるでライフルで心臓を撃ち抜かれたかのように、一瞬の出来事だった。
それは自分が思ってもいないものだった、だから今とてつもなく驚いている。
ピースはあったが填めることができなかった。なぜならそれが関係ないと思ってたから、だから気づけなかった、むしろ気づく方が無理だ。難解な問題に消沈していると同時に、気持ち悪さも覚えている。これはただのひがみ、自分勝手なもの。

ただ少し吹っ切れた。自暴自棄の延長線上かもしれないが、今は少し心が軽い。
今に見てろ、成長して見せつけてやると意気込んでいる自分がいる。
もしかしたらこれは転機だったのかなと思う。たぶん本人に話したら、よかったと言ってくれるんじゃないかな。ただそれじゃないと優しさを拒んでるだけ。

得たものと失ったもの、どっちを見るか。

ONE OK ROCK/the same as...
Twenty One Pilots/ Jar of Hearts(Christina Perri Cover)