ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

弱い人

 

唐突なんですが、人って弱いと思うんですよ。

ここで言う弱いってのは精神的に弱いことを指していて、色々な自分で武装して弱い自分を隠すことで強い人が出来上がっていくと思うんですよね。

後輩にいいとこ見せたい自分、泣かないように堪える自分、気を張る自分、楽しいことを考える自分、負けないと思う自分などなど。だから弱い人っていうのは弱い自分を隠しきれてないんだと思います。

 

僕はこう見えて結構弱い人間で、何かあるたびに落ち込んでいます。

良いか悪いかは置いといて周りから強い人と見られているらしく「お前なら大丈夫」と言われます。その言葉は信頼の表れと捉えられますが僕はその言葉が嫌いなんです。それを聞くたびに「こっちの内面も知らないでよくそんなこと言えるよな」と思っています。

でも相手の期待を裏切りたくないので弱気な自分を頑張る自分で隠しています。

 

この記事では弱いからダメ、強いからいいってのを伝えたいわけではないです。

思ったこと頭にあることを書きたかっただけなので伝えたいことは特にないです。でも強いて挙げるなら、弱い自分とどう向き合うかを考えていこうでしょうか。

 

僕が言いたいことは2行目に書きました。

少しでもその主張に納得してくれたのなら幸いです。