ボクシダイ行進曲

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

毎回、忘れる

 

はい、どうも。

今週の文です。

 

GWも残り数日、時間経つの早すぎない?

皆さんはこのGWどのようにして過ごしただろうか?人の多い中をどうにかくぐり抜けてどこかに行ったり、何をしていたりしたのだろうか。そうだとしたら本当にお疲れ様。人が多いと知りながら行動する行動力に脱帽である。

ちなみに僕はこのGWも働いていた。自宅警備という仕事についていた。GWが終わるとともにその副業ともおさらばしてしまうわけだが、なんとかならないだろうか。どうにかして自宅警備員に転職したいところである。

 

今日の夕食はカレーだった。

母の作るカレーは食べ慣れていておいしい。そんなカレーを食べるときに毎回忘れてしまうことがある。それは『カレーがどっちでごはんがどっちだっけ』である。

一見単純そうでバカげていると思うがこれは深刻な問題なのだ。なぜならそれがいつもと違うと、食べにくさというデバフが発生してしまうからである。デバフが発生するとスプーンで掬う際の量の違いやその掬いにくさといったマイナス効果が表れ、心地いい食事ができなくなってしまう。ゆえに『カレーがどっちでごはんがどっちだっけ』は大切なのだ。

そんなこんなで皿を数回180°回転させて正解を探した。その姿はさながらどこからカレーにアプローチをかければいいのかを模索しているカレー初心者のようであった。傍から見るとマヌケな絵面である。

ちなみに正解は『ごはんが左でカレーが右』だった。

 

毎回忘れてしまう話はもう1つある。

それは人の誕生日だ。非常に申し訳ないことに友人の誕生日を毎回忘れる。

毎度毎度「確か……〇月のあの辺だったよね?」と確認するも残念賞で、その人と違う人の誕生日を混在してしまうのだ。

なので僕の誕生日におめでとう連絡をくれる人におめでとう連絡をし返したいのだが、毎回その人の誕生日がわからず連絡ができない。

メモを取れ雑魚、と思うがまさにその通りである。ぐうの音もでない正論。

このニワトリ並みの記憶力を本当にどうにかしたい。現状は紛れもなく雑魚だから、メモを取るところから始めていこうと思う。

 

誕生日といえば、今日は僕の誕生日でした。

連絡をしてくれた方々、本当に本当にありがとうございます。

こんなしがない僕の誕生日を覚えててくれて恐縮です。

僕を祝ってくれた方々をはじめとする数少ない友人をこれからも大切にしていきます。

 

それでは今週はこのあたりで。

 

あいみょん/満月の夜なら