ボクシダイ行進曲

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせ潰れる

 

気がついたよ。

 

書きたいことがたくさんあるけど、それらに関連性がないときは『雑記』としてまとめてしまう。すごい楽だけど、後々見返すとユニークさがなくてくそださい。最近はブログをどうやって書こうかを常に考えている。こんな風に書いたらあんな風に書いたらと、考えが頭の海をゆらゆらと泳いでいる。だが一向にあの人には敵わない。

 

テストラッシュも終盤を迎え残りの数が少なくなってきた。春休みまであと少しだがパッとしない。このままでいいのかなと少し怖がっている自分いる、モラトリアムゆえの無気力は凄まじく心にぽっかりと穴が開いている状態だ。やる気スイッチは大破していて修復不可能、どんずまりである。

実際はモラトリアムに頼りその言葉で全てを片付けている。やる気がないのは状態のせい、自分は悪くないと。明日やろう明日やろうとクレジットカードのように嫌なことを先延ばしにした結果がこれだ、いつかツケの清算が必ずくる、それで後悔するのはいつも自分、だから今のうちから動くべき。

原因がわかっているのだから直せないはずがない。

 

本を買った、またもや小説。

帯やPOPの購買を促す効果は恐ろしく全て面白く感じてしまう。その結果痛い思いをしたのが、前回読んだ『境遇』あれは本当に酷かった。

今回は2冊買った、ミステリーとアンソロジー。

ミステリーは引き込まれる。めくる度めくる度に謎が紐解かれていくのがたまらなく好きだ。アンソロジーは今回初めて手に取る。一つの本に複数の作家が同じテーマで様々な視点から書いてあるのが魅力的、今回のテーマは『旅』一人旅をして以来、思い深いものとなり手に取った。

旅情をまた味わいたい。友達と味わうのもいいが一人で味わう方が僕は好きだ、一人の孤独感が旅情を助長させる。今年もまた一人旅に行こうかな。

 

近づく京都旅行の計画は座礁した、というよりも僕が座礁させた。

どこへ行こうか、とりあえずは夜の清水寺に行って都の夜景が見たい。

 

何を書こうかと頭半分でだらだら考え働いている今宵の夜勤、PCと見つめ合いキーボードを叩く僕の隣にパチンコの動画を見る相方。見る意味あるのかなと毎回思うがその度に口を噤んでいる。

今日から3連勤、後期の授業は昨日で終了したため体力的に問題ない。先のことを見据えて稼がねば。お金はあって困ることはない。

 

一昨日が楽しかったためか虚無感が辛い、心ここに在らずと言った様な感じである。

3連勤を乗り切れば金曜日にゼミの新歓、大勢での飲み会はオープン大会の慰労会以来だ、あの過去一番泣いたやつ。後輩達はどんな飲みっぷりを見せてくれるのだろうか今から少し楽しみである。今回は静かにしていよう、隅の方で上田と飲んでいようと思う。自分からは盛り上がっている輪に入らない。なぜかって?決まっている。しばらくしてお酒を両手に持ったやからが僕ところに来てこう言うからだ。

なーに持ってんの!なーに持ってんの?

飲み足りないから持ってんの?!

はい!飲んで飲んで飲んで!

と。

 

P.S.

新歓は後輩全員と仲良くなりたい。あと観察を忘れないでおく。

蛇口ひねって出た水がすぐ氷る動画見た、すごい幻想的だった。

 

Fear, and Loathing in Las Vegas/Acceleration