ボクシダイ行進曲

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

雑記1

雪の爪痕が残る関東。
雪がようやく溶けてきてた、嬉しいようで哀しい。電車の窓から見える景色はいつもと違い一面雪景色、雪国はこんなものなのかなと思考を巡らせる。太陽の光が雪で反射して眩しく、いつもと違う通学は面白みがある。

ふと思ったのが、SNSで自分の心境を発信する際に発信先に知り合いがいないと意味がない。
友達承認しないと見れないSNSにどんな意味があるのかな?たぶん自己満足なんだろう。書き出して何かが発散されるならそれに越したことはないけど、発信する場所の門をわざわざ狭めるのはどうかと思う。

珈琲が好きになった。夜勤を始めて1年ちょっと、もっと早くからこの美味しさに気づきたかった。
また一歩大人になった気がする、飲みすぎに注意。

バイト先の先輩に彼女が出来た。元カノと別れて1ヶ月で出来たんだと。人生嫌になりそう。

今まで読んできた小説の中で一番パワーダウンした作品。後半のご都合主義や薄っぺらい内容に興醒め。
Amazonのレビューに頷いた。
f:id:ogaryohey:20160120135818j:plain

P.S.
テストなんてくそ食らえ。

Fear, and Loathing in Las Vegas/Virtue and Vice