ボクシダイ行進曲

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシダイ行進曲

赤裸々by。

どうせ潰れる

気がついたよ。 書きたいことがたくさんあるけど、それらに関連性がないときは『雑記』としてまとめてしまう。すごい楽だけど、後々見返すとユニークさがなくてくそださい。最近はブログをどうやって書こうかを常に考えている。こんな風に書いたらあんな風に…

何かと、色々。

思い返すと━━ってやつだ、考えないでおこう。先日1月23日のこと、その日は記念日だった。 別に彼女との付き合いだした日ではない、両親の結婚記念日でも知人の命日でも誕生日でもない。他人からしてみればただの普通の日。僕にしかわからない記念日、ちょっ…

雑記2

勉強ってなんですか。怒涛のテストラッシュ、世の学生達はSNSなどで悲鳴を上げながら立ち向かっている。無論僕も例外ではない。 夜勤の疲れが影響か思考がバグることがしばしある。そんな中でも単位というお金では交換できないもののためにテストを頑張って…

雑記1

雪の爪痕が残る関東。 雪がようやく溶けてきてた、嬉しいようで哀しい。電車の窓から見える景色はいつもと違い一面雪景色、雪国はこんなものなのかなと思考を巡らせる。太陽の光が雪で反射して眩しく、いつもと違う通学は面白みがある。ふと思ったのが、SNS…

雪なんだし家でゆっくりと

1月も半分が過ぎた、時間に飲み込まれそうだ。明日は大雪となるでしょう。前日のニュースにて天気予報士が淡々と話していた、与えられた仕事をこなすロボットのように。 問題用紙にペンを走らせ、窓の外を見ると雨が降っていた。冬の雨でましてや夜、冷たい…

ラスベガスをやっつけろ

1月7日、冬休み最終日。 いつの間にやら冬休みが終わりを告げていた。新年が始まって1週間が経とうとしている。短い時間だが色々と予定があって忙しかった、気がする。真偽は僕の中にしかないため忙しかったと言っておく、決して見栄ではないぞ。 てなわけで…

成人の日

成人式。 晴れて子供から大人になる登竜門。日が昇る前の早朝から女子は晴れ着に身を包みいつもより少し濃い化粧とヘアメイクを。男子は背広や袴を着て、前日まで散々悩んだネクタイを締める。そうして出来上がった容姿端麗な姿で家を出る。家の玄関で数枚写…

片足突っ込んだ

土曜日どこいった。 いよいよ明日、一生に一度の成人式。 5年ぶりに顔を合わせるやつばかり、今から楽しみで仕方がない。 3年間同じ組だったやつ、一緒に行事を遂行したやつら、あの頃輝いていたやつに好きだった子、皆変わってしまったのかはたまた変わって…

2016年

Happy New Year.始まりました2016年。 僕から言わせてみれば、始まってしまったの方がしっくりきます。 今年はどんな年になるのでしょうか、何が待っているのか今から楽しみです。抱負を言うとすれば、前年以上に色んなことを経験するです。 辛いこともある…

2015年

いつの間にか最後の日。 2015年を振り返ると色々あった。旅や勉強や悩み事などなど、前年の2014年と比べると内容の濃い一年で色んなものを感じ考え成長した年だった。成功の陰に努力とよく言ったものでうまくいかないことも多かった、だがそれは経験とし自分…

手を伸ばせ

これを見るとあの時に決めたことを思い出す。 前と比べて全然変わってない、変わろうと思ってるだけ。行動しないと、自分から近づきにいかないと。気がつけば2015年の最終日、16年がすぐそばに。 時間は限られてる、増えずに減っていく一方だからもっと大切…

ふと

日々は無情に過ぎていく。 気がつけば過去は遠くなっている。 いつまで止まっているんだろう、いい加減動きだせ。ONE OK ROCK/『』

忘年会

酒だ。この時期は忘年会シーズン、そもそも忘年会とは年内の苦労を忘れるために年末に行われる宴会である。by wikipedia先生 先日のこと僕も忘年会をした。忘年会というよりも愚痴会に近かったのはここだけの話。 愚痴を話して苦労を忘れられたのなら忘年会…

迫る年の瀬

お金と予定を等価交換。今月も残り半分、思い返すと常に何か考えていた。考え事の大半はごちゃごちゃとした悩みの渦に飲み込まれ、実際何一つ覚えてない。 あの大打撃から早2週間ほど、ようやくまともな思考に戻ってきた。従来の僕はまともか?と言われると…

decision

『道』というものは自分で切り開くものだ by空条承太郎進むべき道が見えました。よくやった自分。 自分なりによく考えた結果なんで後悔はないです。今はとてもスッキリしています。 不条理な状況でバカと付き合うぐらいならさよならします。どんなに止めても…

大雪なき12月

大雪(たいせつ)とも読む。日本語はややこしい。最近、目覚ましが役に立たない。 目を冷ますと、起きる予定だった時間から30分過ぎていたり1時間過ぎていたりが多々ある。僕を起こすはずの目覚ましを探してみると、無惨な姿となり床に転がっていたり、布団に…

人生における点の1つ

Hello. My mind.ちょっとした希望というか願いというか自分を乗せたものが消えた。意図も簡単に綺麗さっぱりとさくばくと。まるでライフルで心臓を撃ち抜かれたかのように、一瞬の出来事だった。 それは自分が思ってもいないものだった、だから今とてつもな…

レジュメが苦手な理由がわかった

PCより。 僕はいつも題名に迷う。 題名とはあること(今回でいうブログの記事)を総合的に表したもの。例えるなら年度末に発表するその年を表した漢字のようなものだ。 題名は要約の役割を果たしている。そのため誰が見ても「あ、こんなことが書いてあるんだな…

僕と2048の戦争

アプリにもなめられる。 詰んだ、将棋なら参りました。 2を動かすだけのゲームの楽しみとはいかに。その数日後のこと。 ふざけんな。ボイコットか、あ? 少し触ると。 将棋なら対戦相手が現れず不戦勝。しかしこの場合の勝者はいったい誰だ。俺か?アプリか…

恣意的に行こう

少し前からハイキューを読み出した。 今までつまらないと思い読まなかったが、読み出すと最初から面白いじゃないか。なんだこれ。 最近、旭さん意識して髭を伸ばしてる。『サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならない…

小雪の寒さ

ようやく。オープン大会が終わり、そろそろ今年のイベント事も指で数えられるほどになってきた。 12月25日の一大イベントには心底うんざりするが、この気持ちを味わうのも今年で20年目、慣れた。 毎年思うのが、クリスマスからお正月に衣替えするのが早すぎ…

上を向きながら

少し泣いた。いや、大分泣いた。夏以来だ、目から水が出たのは。 自分では平気と思ってたのがそうではなかったらしい。絶え間なく出てきやがった。 周りにはすごい迷惑かけたと思う。今は本当に何がしたいかがわからない。 心が落ち着くまで、しばらく休みた…

Nothing

頑張っても意味をなさない時がある。もっと頑張らなきゃいけないのか、それともそれは無駄なのか。 僕は後者だと思う。 悲観的な性格だからではなく、今までの経験がそれを証明してるからそう思うのだ。所詮人間がなすのは、自己中心的で口だけで先のこと周…

Blue November

この季節がやってきました。やんでるわけじゃないけど少しブルー。 この季節はどうも調子が乗らない、毎年のことだ。最近はなにかと疲れてる。 本当は疲れてないんだけど疲れてる。たぶん疲れてるっていう名目が欲しいんだ。 周りから見れば、頑張ってるんだ…

頑張った

終わった。文京祭こと文化祭が無事に終了した。 我々大野ゼミはスティクドーナツを販売。仕入れミスで当初の数より+200個、計500個のスティクドーナツを販売した。 当初は途方にくれていたものの、一同の力を合わせ無事に完売することができた。ゼミの力か縁…

頑張れ

ようやく学校に慣れてきた。夏休みが明けて1ヶ月が経とうとしてる、夏休みの記事を考えてはいるものの執筆には至らない。投稿はいつになるのか、自分にすらわからない。 そんな日が浅い後期、これでも色んなことが起きている。言い出せばきりがないし言える…

世界を歩く

物語。本や映画、そこには物語がある。 その物語の中には世界があり、僕らはそれを読むこと観ること感じることでその世界を歩くことができる。 時に傍観者に、時に思索者になりながら。歩くことで得るものは様々。 人それぞれの感性によってそれは変わってく…

神無月の到来

眠いんだ。ノンスタイル井上、鬱陶しい、前髪ッ。 これ全部最近言われた言葉。 よし、髪切り行こう。パーマだパーマ。 『パーマじゃなきゃがっちゃんじゃない!』 眉毛お化けに言われた言葉が妙に引っかかる。 そろそろ前撮りするぞと親に言われ、どうしたも…

無責任に

Go fuck yourself. 最近いいことがない、最高に厄日な日々を過ごしている。様々なものに苛まれすぎている。口は災いの元とよく言ったものだ、まさにその通り。 ここ最近のことを振り返り責任てなんだろうと思う。因果応報ならまだしも、思いがけない責任も払…

ゼミ合宿 夏

ごぶさた、半年ぶりのゼミ合宿。夏の暑さと大雨の蒸しでグロッキーな僕の肩にかかるボストンバッグの重み、都会に進むにつれ晴れていく空に中指を立てながら学校へ向かう。 『合宿係りの小川君は早めに集合』初っぱなから約束をすっぽかし定時に集合、早くも…

秋の目覚め

夏休み最終日。さてさて、色々とあった夏休み。 遊びから始まり飲みで終わったこの夏、何を得たかと質問されると解答に難儀を示すが少なくとも変わった自分を認識できたことは間違えない。 この夏は色んなことを経験した。特に大きかったのは一人旅、色んな…

曇天に尽くす

晴れ晴れとしない。ここ連日の曇り空は好きだ、自他共に憂鬱な気持ちにしてくれるから。 4月から見て走りすぎたかそれとも元々弱いからか、だいぶ疲れてる。心が重いと足取りも重い、うまいように事が運ばない。 耳元の音楽も目先の物語りも鼻孔を刺激する料…

順調?不調?

夏が過ぎていく。 と言ってもこれからが夏本番といったとこか、まったく弱さを見せつけない太陽に「相変わらずだな」と思うも、暑さには馴れない。 今年の夏休みは暇がない。唐突なリア充宣言だが別に彼女がいるわけでもない。バイト、バイト、休んでバイト…

前期終了

光陰矢のごとし。色々とあったな。前期授業が終わった。よく頑張った俺。 残すところの試験はあと二つ。落単ギリギリの回答用紙を産み出す度に高まる鼓動、決していいものではない。地面すれすれを飛ぶ紙飛行機のような安定性に嫌気が差すも、勉強が手付かず…

SNSのように

踏まれて揉まれて捧げて繕って下げて悩んで笑ってたらわからなくなった。自分とは。誰に対しても線を引く、相談なんてできやしない。 それでも拠り所が欲しいよ。Where is the answer? Tell me.

夏を前にして

進撃の台風。 暑すぎて嫌になるが嫌いじゃない。メンタルが豆腐なため色々と崩れました。 社会人になったら常にぐちゃぐちゃになるのでは?と思い眠れない日々が続いてます(大嘘) 色々とGood Goodbye.怒濤のテスト週間、来るな!太刀打ちできない! これが文…

変わり変わらず

七夕前のこと。ここ最近は雨ばかり。空調整備がない場所では服が蒸れて汗をかくため不快だが嫌いじゃない。 雨が原因で憂鬱が進行しているせいか高校時代の友人と集まったせいか、ふと1年前のことを思い出した。 1年前は無性に高校に戻りたかった。慣れない…

SNSよりブログの方が書きやすい。

暑さが、太陽が、夏が近づいてきた。最近の嬉しいことはこのブログのアクセス数が毎日数件つくこと。前まではアクセス0が常だったがここ最近はアクセス3ほどが普通、多いときはアクセス20ほどとなり繁盛している。 横浜アリーナのONE OK ROCK Liveの記事以来…

振り返ってみると悩んでメモ取り始めて文化から刺激を感じた

6月の頭、ちょうど半年を迎えたので前期の振り返りの記事を書こうと早3週間。もうやめだ。最近は特に書くことがない。委員会の新歓や地元呑みなどのイベントがあったが書くほどの内容でない。どちらも楽しかったが記憶がないのが極論でいつだれと何をしたか…

雑巾の話

皆さんは通販を利用しますか?僕は利用します。なぜなら便利だからです。 家にいながらボタン1つで欲しい商品が手に入る。こんな手軽な手段を使わない手はありません。 ですが懸念はあります。例えば洋服を買ったとして、サイズは自分に合っているだろうかと…

ネタバレ OK?ROCK

ついに来た、24日。アルバム発売から3ヶ月、短いようで長かった。 何度聴いただろう?何度頭を振っただろう?それらは長く短い時間の中に消えてしまった。23日に寝ずに物販へ行ったことが功を奏し、時間に余裕ができた。少し長く寝れると思った束の間、赤川…

Various

GW明け更新が止まっていた。 昨日24日のことを書く前にそれ以前に起きたことを書いておかないと内面気持ちが悪くスッキリしない。記事にする出来事はいろいろとあったがだれてサボった結果詳細を忘れた。どうしたものか。 なのでひっさしぶりの箇条書き更新…

ここで叫ぶ胸の内

再びあれがきそうだ。GWが明け、五月病まっしぐらな僕。五月病があれになるのを加速させている気がする。 最近の楽しみはMighty liveの堪能ぐらい、早く24日の35liveに行きたい所存である。 ゼミの親睦会(飲み会)と漫画の新刊とvapeが今の楽しみ、それらだけ…

GWの由来とは

GWは皆様どのように過ごしましたでしょうか? 僕のGWは2~6日でしたがそれなりに充実していてまったりとリフレッシュできました。 周りに流されることなく我を貫き、地元を愛してやまない僕は遠出なんてしません。人が多いところなんて行きたくないです。そ…

本とお酒

4月30日。Mighty liveの興奮は冷めず。今日は所属する委員会でご飯。 2つのキャンパスを股に掛け活動をする我ら委員会にはどうしても壁が出来る。それを取り払うべく立案されたのが『両キャンパスで一緒にご飯に行く』。そこでは会わないと話し合えないこと…

心内

新しい環境に身を置かなければ。新学期が始まり早1ヶ月。 思い返すと『激動』が相応しい月で、何度メンタルがやつれ精神が幽体離脱しただろう。 『死ねよ。』と原因に念を送り続けるも意味などなく、その都度自分が汚れていくのがわかる。今はただただ逃げた…

時間との闘い

鳴るはずだったものは鳴らずただただ迫り来る時間。今だかつてこれほどまで焦ったことはない。始発の電車に乗るのはこれで3度目。1度目は冬コミに参加した時2度目は高校でタコパをした時、そして今回中野区での選挙バイトに行くために3度目。 当然のことだが…

履修と写真と自己中

思い通りの履修が出来た。当初の予定の月曜全休を勝ち取り、抽選をする前に抽選が終わった比較文化論を除けば思い通りの履修が出来た。比較文化論の講師を訴訟しようか迷ったのはここだけの話。 履修はうまくいっているがその他のことはうまくいっていない。…

これより週末は3休に

金曜日の夜勤は年齢的には先輩で入社的には後輩に当たる浅見さんが相方で自分で言うのもなんだが上下の壁がない。『基本敬語のたまにタメ語』が自分のスタンスと思っているが周りから見れば『基本タメ語の申し訳ない程度の敬語』とツッコまれることは明白な…

航海の果ては

いつの間にか霧の中を航海していたようだ。人生を海に例えると僕らはその海を目的もなく航海している船乗りだ、宛もなく先もわからず自分の感覚だけで陸を目指している。向かう先に陸があるかわからず進むギャンブル、そのため常に順風満帆というわけにはい…